結婚式のマナー

【結婚式・マナー】結納品のそれぞれの意味。代表的なものを紹介!

一般的な結納品には、目録や熨斗、末広、友白髪などがあります。

そもそも結納は婚約を周囲に知らせる儀式で、結納品にはそれぞれ意味が込められています。

目録はその名前の通り結納品の品目と数を記した明細書のようなものです。

のしはご縁が長く続きますように。

不老長寿の象徴としてアワビの肉を干して伸ばしたものが添えられています。

末広は白無地の扇の一対で、純白無垢の意味があり、関西では寿栄廣とも書かれることがあります。

友白髪は共に白髪になるまで睦まじくという意味があり、関西では高砂人形を意味することが多く、友志良賀と書く場合も少なくありません。

このほかにも勝男節や家内喜多留、寿留女、子生婦など願いや意味が込められた品が代表的なものとなっています。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 人気の幹事代行。気になる料金やサービス内容を調べてみた!
  2. 結婚式二次会で司会を頼まれた方へ。絶対外さない進行表はコレ!…
  3. 人気の幹事代行サービス。どこまで対応してくれる?事例をもとに…

▼POPULAR

  1. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会マナー。女性のパンツスタイルは許される?
  2. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会で”お祝儀”は必要?最近の傾向を調べてみた!
  3. 結婚TOPIC

    【2020年版】幹事代行サービスを使ってみた感想は?口コミを調査!
  4. 結婚TOPIC

    結婚式・二次会のヘアセット!どんな服装にも合うオススメスタイル3選
  5. 結婚TOPIC

    人気の幹事代行。気になる料金やサービス内容を調べてみた!
PAGE TOP