結婚式のマナー

心付けの包み方は?新郎新婦向けの結婚式マナー

結婚式で新郎新婦から、式場のスタッフやゲストの方に心付けを渡すことがあります。

現金を渡す際には、御祝儀袋やポチ袋に入れることがマナーとされていますが、この御祝儀袋とポチ袋は金額によって使い分ける必要があるのです。

飾り紐の水引きと折り紙のようなのしの付いた御祝儀は、数万円以上の金額の現金を入れる時に使い、慶事用の水引やのしが印刷された略式の御祝儀袋は、1万円程度の現金の時に使うのが一般的です。

また、3,000~5,000円程度の金額であれば気持ち程度ですという意味を込めて、一回り小さいポチ袋を使います。

ポチ袋は、水引きやのしのない簡略化されたものを使用しても構いませんが、カジュアル過ぎるものは上司や親戚などの目上の方には使用しないのが無難です。

渡す相手を考えて選びようにしましょう。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 準備はいつから始めるべき?結婚式までのスケジュール
  2. 人気の幹事代行。気になる料金やサービス内容を調べてみた!
  3. 結婚式の1.5次会。服装マナーは?〈ゲスト・女性編〉

▼POPULAR

  1. 結婚TOPIC

    人気の幹事代行サービス。どこまで対応してくれる?事例をもとに紹介!
  2. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会で”お祝儀”は必要?最近の傾向を調べてみた!
  3. 結婚TOPIC

    結婚式・二次会の会場選びは超重要!外せない確認事項TOP3
  4. 結婚TOPIC

    【2020年版】幹事代行サービスを使ってみた感想は?口コミを調査!
  5. 結婚式の準備

    結婚式の準備期間はどのくらい?平均&最短を調べてみた!
PAGE TOP