結婚式の準備

ご祝儀の見積もりはどう出す?失敗しない結婚式準備

結婚式を挙げる際には、予算を立てることも大事なポイントです。

貯金があり、その中ですべてまかなえるというのであれば問題は有りません。

しかしそういう方は殆どなく、ご祝儀も加味して予算を立てる方が多いです。

そう考えるとご祝儀が大体いくらぐらい頂けるかという見積もりはきちんと行う事が重要です。

一般的に友人や会社関係の同僚の場合は3万円で、恩師に関しては意外にも3万円ですので注意が必要です。

上司で管理職の方であれば5万円になることもあります。

親族は子供が含まれていたり夫婦での参加となると変わってきますが、夫婦で5万円、子供が一緒ですと10万円から20万円のところが多いです。

こういった見積もりで予算を立てておけば安心でしょう。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 幹事はどう選ぶ?結婚式二次会を失敗させないためのポイント
  2. 結婚式の二次会はした方がいい?気になるメリット&デメリット
  3. 【2020年版】幹事代行サービスを使ってみた感想は?口コミを…

▼POPULAR

  1. 結婚TOPIC

    人気の幹事代行サービス。どこまで対応してくれる?事例をもとに紹介!
  2. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会で”お祝儀”は必要?最近の傾向を調べてみた!
  3. 結婚TOPIC

    人気の幹事代行。気になる料金やサービス内容を調べてみた!
  4. 結婚TOPIC

    結婚式二次会で司会を頼まれた方へ。絶対外さない進行表はコレ!
  5. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会マナー。女性のパンツスタイルは許される?
PAGE TOP