結婚式の二次会

二次会幹事を断りたい…マナーを押さえた”失礼のない”伝え方

結婚式の二次会は参加するだけなら楽しいですが、幹事をお願いされた時には負担が大きくなるので、状況によっては断りたいと感じる人も多いのではないでしょうか。

しかし断り方を間違ってしまうと、その後の人間関係にヒビが入ってしまうことになるので、断る時にもきちんとマナーを抑えて失礼のない伝え方をしなければなりません。

依頼されて断る時には、できるだけ早く伝えることがマナーです。

まずは幹事を任せようとしてくれたことに対するお礼を伝え、その後断る理由に関しては出来るだけ正直に伝えましょう。

嘘をついても見抜かれてしまうことが大半であり、正直な気持ちを伝えるべきです。

もちろん面倒などマイナスな意見は、いくら正直でも失礼にあたるので避けましょう。

▼PICK UP

▼NEW

  1. 二次会幹事を頼む前に。依頼の仕方&マナーを知っておこう
  2. 結婚式の二次会マナー。女性のパンツスタイルは許される?
  3. 結婚式の二次会で”お祝儀”は必要?最近の傾向を調べてみた!

▼POPULAR

  1. 結婚TOPIC

    【2020年版】幹事代行サービスを使ってみた感想は?口コミを調査!
  2. 結婚TOPIC

    人気の幹事代行。気になる料金やサービス内容を調べてみた!
  3. 結婚TOPIC

    結婚式二次会でのネクタイ。色・柄・結び方の基本マナー
  4. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会で”お祝儀”は必要?最近の傾向を調べてみた!
  5. 結婚TOPIC

    結婚式の二次会マナー。女性のパンツスタイルは許される?
PAGE TOP